産業医がいれば健康をキープできる|復調の兆しを見せるメンタル

医師

会社での精神の不調の対処

ドクター

病状を明確にすること

産業医というのは、会社に存在する医師のことで働く人の健康管理をするために様々なアドバイスや指導を行っています。会社では、仕事内容や業種によっては産業医が数人いたり大規模な会社であればそれだけ管理も大変になるので産業医の人数も増えます。健康面で不安なことがある場合には、まずは産業医に相談するのが一般的ですが中でも精神的な不調は産業医の適切な判断が大切になります。例えば、うつ病など現代で多い精神疾患の場合患者本人と産業医の連携によって社会復帰が可能であるかが左右されることもあります。休職や復職の判断は、医師がするものですがその判断には産業医も加わるので病状がどの程度でしっかり回復したのかなど面談などを通して明確にする必要があります。メンタルも復調の兆しを見せるでしょう。

適切な病院の紹介を受ける

健康面で問題がある場合に、精神的なものであればどんな病院に行けば良いのかそもそも病気なのかわからないことも沢山あります。激務が続いている時などは、特に自分の健康状態など気にしていられない場合もあります。そんな時、産業医が居れば気軽に相談することが出来るので病院探しも楽になると言えます。会社から近い精神科や自宅から近い心療内科など、適切な病院を紹介してもらうことが出来ます。精神的な不調は、自覚症状がない人も多く自分自身病気だとしても受け入れられない人も多いと言われています。会社では、心身ともに健康であり万全な状態で仕事が出来る環境であることが大事になります。そのため、産業医の存在は欠かせず円滑な社会生活を送っていくためにも必要な存在となっています。

誰かに相談して心を軽く

カウンセリング

抱え込んだ悩みをカウンセリングで医師やカウンセラーに話すことが第一歩です。解決方法を探していくカウンセリング施設は横浜にもたくさんあります。自分の中でたまったものを吐き出してその人の個性にあった治療方法を探すことが大切です。

More...

正常に話せるようにする

診断

吃音は、子供のころに発症することが多いので治療は早めに始めると良いと言えます。原因は脳の言葉の伝達であり、正しい話し方を身につけることで改善することが出来ると考えられていますが同時に心のケアを行うことも大事です。

More...

心を病んだ、そのときは

病院

川崎市には60件以上の精神科があるため、そこから自分に合った病院を選ぶ必要があります。まずは自分の生活範囲から出ない場所を選ぶことがポイントです。また福祉センターや産業医、かかりつけ医に相談するのもオススメです。

More...