産業医がいれば健康をキープできる|復調の兆しを見せるメンタル

先生

誰かに相談して心を軽く

カウンセリング

悩みを誰かに話す

カウンセリングという言葉は、一般的には相談や助言という意味で知られていますが、心療内科においては、一歩進んで心理療法という言葉でも使われます。心が抱えきれない悩みを持ったとき、誰かに話すことで気持ちが軽くなることもあります。また、内容的にうかつに話せないなどの場合もあります。そんな時には、診療科目にカウンセリングのある横浜の病院や診療所、またはカウンセリングルームを訪問する方法があります。そこでは一緒に悩みに向き合い、医学的な観点から悩みの解決を手伝ってくれます。もちろん守秘義務もありますので、一人一人の秘密も守られます。また横浜には、平日だけでなく土日や祝日などにも営業している所が多く、仕事や学校を休むことなく相談に行けます。

話して解決方法を探す

横浜駅近くで徒歩圏内であれば、通院にかかるストレスも減ります。または家から遠くても、横浜は交通手段もいろいろあるので便利です。それから中には、知っている人のいない街を歩くことがストレス解消になる人もいます。また、精神科と心療内科とを併用してカウンセリングを受ける人もいます。その場合、医師とカウンセラーが協力しながら、それぞれ違う視点から問題を見つめることが出来るので、多方向から解決方法を見つけられます。心理療法には、いろいろなやり方がありますし、一人一人個性が違うように、診察方法も人によって変わってきます。また人の心に働きかけるので、効果がすぐに出ることは難しいです。時間をかけてゆっくりと原因を探し、それを解決するにはどうするのがベストなのかを見つけていくことで、病気と向き合っていきます。